スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷つけられても優しい人に - 「あいくるしい」とマイケル

久しぶりのお化け視聴率をたたき出したドラマ「家政婦のミタ」の次のドラマ予告で、マイケルのThey Don't Care About Usのイントロが流れて、わたしと同じように沢山のマイケルファンは色めきたった(笑)と思いますが、残念ながらTDCAUは、2012年1月11日夜10時スタートの、この新ドラマ「ダーティママ!」の主題歌ではなく、挿入歌でもなく、おそらく挿入はされるでしょうけれど一部テーマ曲っぽい使われ方をするのかな?
(ダーティーママ!公式HP主題歌

ちょっと残念・・ (´・ω・`)ショボーン
でも初回は見てみようかな^^

このドラマの主役である永作博美さん演じる子持ちの刑事さんは、妥協も言い訳もせず自分の生き方を自分で選び自分の足で立ち、常に「闘い続けている女」だそう。
おお、マの字がスメるw

永作さんといえば昨年も同じ日テレでこちらも自分に嘘がどうしてもつけない「曲げられない女」を菅野美穂さんが演じたドラマに出演していましたね。
このドラマでは毎回主人公のサキが、何年も落ち続けている司法試験の勉強を始める際、なかなかエンジンがかからない自分のテンションを上げるために、ファンであるマイケルの曲をかけるという演出がありました。
第一話がBlack Or Whiteで最終話がBeat Itでした。


第一話Black Or White

サキの顔つきは全く面白くなさそうなのに、自分ではノリノリで実際はへろへろと踊るという設定w
このへろへろとした踊りにもきちんと振付師がついていたそうです(悪口ではないですよw)

このマイケルの曲で踊るシーンは、DVD化された際、版権の問題で(必ずでるよね・・)収録されなかったとか。
そんなこっちゃ魅力半減だなぁ・・(´・ω・`)ショボーン

彼の音楽を使う(映像も)のは、相当いろいろな問題をクリアしなくてなりませんからね。
一方ではどこでもかしこでも安っぽく使用されることは、マイケルの価値を下げる要因となるという理由も一理ありますし、悩ましいところです。

ここまで書いてきたものは、いずれもテーマ曲として使われたもの。

ところが、この問題をクリアして堂々と主題歌として彼の曲が使われたドラマがありました。

img9f58bb2czik3zj.jpeg


TBS系列で2005年に放送された日曜劇場「あいくるしい」がそれ。
主題歌は「BEN」



ご覧になった方もいらっしゃるでしょうね。

わたしはリアルタイムでは1度ちらっと見ただけで、主題歌がマイケルだっていうのも知りませんでした。
要するに見ていないw

ですが、10月から11月に再放送をしていまして、偶然1話を見て「え・・これって・・」とくぎ付けになり、お昼間の放送でしたので仕事のときは見れませんから録画して全話見て、毎回号泣してしまいました。

ざっくりいうと一人の少年を通して、家族や友達とのきずなと愛情を考え確認し成長していく姿を描くというものなのですけれど。
主人公の少年を当時小学生だった神木隆之介くんが演じているのですが、この男の子の言うこと、考え方を通じて伝わってくる思いが、誰かさんをどうしても連想させてしまうのでした。
少年を取り巻く大人たち、亡くなってしまう優しいお母さんだとか、少年が尊敬して愛してやまないおじいちゃんだとかが、少年に語りかける言葉も、もうマの字がぷんぷんスメるわけでw

この素敵なセリフを書いた脚本家はいったいどなた様かと調べましたら、野島伸司さんでした。
問題作もあるけれど「一つ屋根の下」とか、家族愛をテーマにしたドラマも多い脚本家でいらっしゃる。
へぇ・・意外・・と思い、さらに調べると、野島さんはなんと主題歌であるBEN(ベンのテーマ)をモチーフにこのドラマの企画を考えたそうです( ̄□ ̄;)!!

BENをモチーフに・・というより、マイケルの世界観そのものじゃないかと思うぐらいで、それがわかってなおさらこのドラマで語られるセリフが心に響くようになりました。

しかもこのドラマが放送された期間というのが、2005年4月10日~6月26日(全11話)まで。
スタートした時期は、まさにマイケルがあの不毛で陳腐なばかばかしいでっちあげ裁判の公判真っ最中で、このドラマの第10話あたりで無罪判決により裁判終了に至っているという事。

今から思えば、ある意味とてもリスキーなことだったのではと思いませんか?
ファンがマイケルの無実を信じて疑わないのは当然だとしても、一般人にとれば、今と違ってテレビで流される情報をうのみにすることに疑問を抱かなかった時代。
特に日本には裁判の詳細な情報はなかなか届かず、ワイドショーではくだらないコメンテーターがマイケルに不利なことばかり偉そうに話し、その根拠のないくだらないコメントだけが独り歩きをする現状のなかで、渦中の人の曲をモチーフにしたドラマを制作するだけでも反対があったかもしれなくて、さらに主題歌として決定した楽曲の使用は簡単にはいかないことで有名で、おそらくさまざまな面倒な交渉や条件などを辛抱強く片づけなくてはならなかったはずで、しかもまだ審議の途中であり最悪主題歌のアーティストが有罪にでもなればドラマ自体取り返しのつかないダメージをこうむり、大失敗作になりかねないリスクを承知で、日曜9時というゴールデンタイムの放送にGOサインを出した局。
当時わたしにはわかりませんでしたが、脚本家の野島さんはじめ製作スタッフ、そして局の上層部に必ずマイケルの無実を確信し、アーティストとしての彼を大好きでリスペクトをしている方々(絶対複数いたはず)がいたことを確信せずにはいられませんし、彼らのとても強いマイケル愛を感じるのです。

mj2005trial_hand.jpg


この件に関してだけは、あながちわたしのいつもの妄想ではなさそうな気がして仕方がない。
それだけデリケートな時期に放送されたということです。
そう思えば、判決後に最終回を迎えたこのドラマは、彼のイメージ回復に一役買っていたかもしれなくて、だからなおさらこのドラマのセリフが心に染み入るといいましょうか。

少しご紹介しますね。


主人公の名前は幌馬車のほろ。
ほろは1993年生まれの12歳。(1993年っていうのがまた(/_;))
小学校で将来の夢を聞かれ、周りから笑われても真面目にこう答える男の子

「ぼくの将来の夢は、世界を救うことです」


ほろは人一倍優しくていつでも人のことを考える男の子なのに、彼は生まれてから一度も泣いたことがなく、そんな涙が出ない自分は本当は冷たい人間なのじゃないかと悩み、大好きなおじいちゃんにそのことを打ち明けます。
その時におじいちゃんがほろにゆっくりと優しく語る言葉。

「人間は誰もが、心に木を持っているんだ
その木が、ほろは普通の人より太くて強いんだ
人はね、悲しいことがあると瞬間その木が折れてしまうんだよ
そうすることで、木が悲鳴を上げるように涙をこぼす
だけどほろの幹は太くって強いから、簡単には折れない
風が吹いても雨がたたいても折れない

慰めてあげられる
支えてあげられるじゃないか
人はね、心の木が折れると自分ではどうしていいかわからない
何も考えられない
だけどほろの幹は強いから、そんな時でも考えられる
行動することができる
思いやることもできる
ほろが誰よりも強くて優しい証がそこにある
世界を救えるほどさ」



病気でおそらく余命いくばくもないほろのお母さんが、病院よりも家族と一緒に生きることを選んでうちへもどってきます。
お母さんは子供たちに遺言のように大切なことを伝えていきます。

「優しい人になってね
傷つけられても優しい人に

好きって言葉は魔法なの
言われた人を幸せにする魔法
友達にでも誰にでも

悲しい人はね、好きって言われたことのない人だから」




いつもにこにこと陽だまりのような優しい笑顔のお母さんの命の灯がとうとう尽きた時、お父さんの悲しみは深く、葬儀に出ることを拒み家に閉じこもるほどでした。
でもほろをはじめとする子供たちに支えられ、なんとか立ち上がるお父さん。
母のいない朝、完全にからまわる空元気で盛り上げようとするお父さんを、逆に悲しませないようにつきあってあげるほろたち。

「みんながつきあっているのは、もしかして一番悲しいのは、お父さんかもしれないからです
一番悲しい人が頑張ろうとすると、つられてしまうものなんですね
僕もそういう人になりたいと思います
一番悲しい時に頑張ろうとする人に」


anYVzd.jpeg
ほろくん


ほろが好きになった女の子を怒らせてしまい、自分が彼女のためにしたことが彼女を傷つけたかもしれないことに対して傷つくほろとおじいちゃんの会話

おじいちゃん 「ほろは世界中の人を応援したいんだろう?みんなに優しくしてあげたい」
ほろ 「うん」
おじいちゃん 「そうなると、これからもきっと多くの人に傷つけられてしまうかもしれないね」
ほろ 「僕平気だよ、だって僕の心の幹って強いんでしょう?」
おじいちゃん 「ああ」
ほろ 「お母さんが言ってた、人を傷つけるのは悲しい人だって 
    たぶん、誰にも好きって言われたことがない人だって
    だから僕ね、そういう人にあったら、好きって言ってあげるんだ」
おじいちゃん 「傷つけられてもかい?」
ほろ 「うん、そうだよ」
おじいちゃん 「ほろがそんな大人になったら素晴らしいことだね 本当に世界が救えるかもしれないな」



人を傷つける人は悲しい人
だからこそそういう人に「好き」といってあげるんだと言うほろ



マイケルもたくさんたくさん傷つけられて
それでもなお愛することをやめない強くて優しい人で
悲しくて辛い時も自分以外の人のために頑張って

そのうえ、わたしたちを幸せにする魔法の言葉をたくさんたくさん言ってくれる


きみたちのことが好きだよ
愛してるよって



I love you

I love you more



2j137tymj.jpg




2002年イギリスのエクセターフットボール(サッカー)クラブ主催のチャリティイベントでのスピーチ(ソースはこちら)で、マイケルは戦争という愚かな大罪をもとから断つには、身近な人を愛し思いやり、その人に「あなたを気にかけていますよ」と伝えることが大切だとして、隣り合う人と手をつなぐよう呼びかけます。

Dont be shy! Do it! It starts now!
Now, tell the person next to you that you care for them.
Tell them that you care for them.
Tell them that you love them.
Tell them that you love them.
This is what makes the difference.
Together we can make a change of the world.

恥ずかしがらないで!さあ、つないで!今から始めよう!
さあ、隣の人にあなたを気にかけていると伝えて下さい
あなたのことを気にかけているよと伝えて下さい
あなたを愛していると伝えて下さい
愛しているよと伝えて下さい

これこそ大きな変化を生み出す事なのです
僕達は共に世界を変えていくことができるのです



3181808714_a1fda10e07_oGroupSS.jpg
エクスタースピーチでのマイケル



過去記事で書いた「それでもなお、人を愛しなさい」を思い出します。
その記事で引用したトラヴィスの言葉も。

「彼は、大きな声を出したり反論するタイプじゃありませんでした。むしろとても穏やかな人でした。
違う意見も愛でのりこえようと。
彼についての嘘を言う人たちに対してだって、言い合いで嫌な気分にさせるより、むしろ彼はその人たちのために祈るんです。
「そういう人にはもっと愛が必要なんだ」と言ってね」



彼は自分を傷つけた人であってもその人を許し、なお彼らを愛そうという強くて太い幹の木を心に持っていた・・いえ、そうありたいと願っていたのでしょう。
オックスフォード大でのスピーチでも「許す」ことが「癒し」のはじまりだと話していました。
とても難しいことですし、彼もそうは言っても人間ですからうまくいかない時もあったでしょうけれど、少なくともそうありたかった彼から放たれる言葉には、口先だけの軽さなど全くなく、むしろいつでも真摯さに満ちているからこそ、心に響き心にしみわたり心を揺り動かすのですね。

彼には何度も心の木の折れる瞬間があったけれど、折れても折れてもまた新しくその木からは新芽が芽吹き、その幹は前よりもさらに太く強く再生し、やっぱり自分よりも誰かのことを慰め支え、愛そうとしていたと。



471952696.jpg



このドラマのセリフが、マイケルを意識したものなどでは全くなかったとしても、「世界中の人を応援して、悲しい人たちを救い出して、たとえ傷つけられても愛することを決してやめずに、雨や風や嵐から大切なものを覆って守る幌のようにみんなに優しくしたいんだ」というその果てしない思いやりと強さを託された主人公ほろは、わたしたち誰もがそうなれればどれだけいいかという願いであり理想なのだと思います。

12歳の子供だから、この理想を高らかに大きな声ではっきりと言わすことができるのです。
12歳の子供だから、ほほえましく見ることもできるでしょう。
12歳の子供だから、まわりに笑われても「頑張って」と応援したくなるでしょう。

そしてこれがあくまでドラマの中のお話だから
ドラマなら許される理想だから


でもこれが現実に大人が口に出したなら


ほんの少年のときから、世に言うところの分別のある年の大人となってもなお変わらずに、その理想を体現し続けたがゆえに、痛くもない腹をさぐられ揶揄され中傷された人


このドラマをマの字を意識しながら考えたおかげで、また彼がどれだけ素晴らしい人かを心に深く刻むことができました。
(あくまで自分の感想ですけれどね^^)



悲しくて辛いことが大半を占めたこの年
自分にとって何が大切でどうすることが必要か、考え方生き方をこれほど考えさせられた1年はありませんでした

そしてそんなときにもいつもマイケルがそばに



年月が経つほどに彼の存在は大きくなり、その不在の悲しみは深くなり、だけれどもその存在は「大好きなアーティスト」にとどまらず、自分の人生の道を進む際、何か立ち止まって思案するときの道しるべのごとく、あの日までより逆にリアルに心のよりどころになっていく不思議。

時が経つほど彼のなにもかもが鮮やかになる不思議。


あと少しでやがて来る新しい年も、わたしの心にはいつもマイケルがいますように
悲しむだけではなく、自分の歩く方向を決める時、彼を想うことが自分にとっての正しい判断の助けになりますように



そして、ここを訪れてくださった方々にも感謝を


来年もおひとりおひとりのそばでマイケルが微笑みますように



Smile-14502545678.jpeg



今年最後のブログ更新です

よいお年を^^

スポンサーサイト

He is our Santa Claus forever

クリスマスが終わりましたね


マイケルは自身の子供時代、全くサンタクロースに縁がなくとも、人々がクリスマスに向かってうきうきと華やぎ出す頃、カラフルに光りだす街を彩るBGMとして最適な「楽しいクリスマスの歌」を歌うことで、みんなに「楽しさ」のプレゼントを贈っていましたね


cover - j5-ultimate-xmas




大人になって彼がクリスマスの歌を歌うことはなかったけれども



そのかわりに彼は四季を問わず、子供に限らず、宗教にもとらわれず

季節外れのサンタクロースとなって届けてくれました


単純に音楽を感じる喜びを
リズムに身を任す楽しさを
やっかいな現実を忘れさせてくれる夢のひと時を


その人から贈られるギフトはもらう側の一番ほしいものになりました

時としてそれは感動だったり
癒しだったり
安らぎだったり
幸せだったり
ぬくもりだったり
希望だったり



trump_mahal_01s.jpg




この赤の似合うオールシーズンのサンタさんは

ときに憧れの人として導くようにいつだって先頭で手を振ふって
ときに忘れてしまいがちな無邪気な心を呼び覚ましてくれて
ときに暗闇を照らすトーチのように勇気づけてくれて
ときに流されぬ心を持ち、自分の意思を持つことの大切さを教えてもくれて



ある時はとても深い慈悲の心を形あるものに変えて届け
見返りを求めることなくいつだって誰かのために動き
限界という意識を人の頭からとっぱらい、誰もがベストをつくせるよう自らがお手本となり
そして、生まれ持った才能を努力で磨き上げた者だけが創造することを許される「極上」を惜しげもなく平等に配ってくれるんです



だけど


彼は気づいているでしょうか?


このサンタクロースの屈託のないきらきらと輝く笑顔こそが
わたしたちひとりひとりをどれだけ幸せにするかを



MICHAEL-YOU-ARE-BEAUTIFUL-I-LOVE-YOU-MORE-THAN-LIFE-3333-michael-jackson-10691328-359-500_large.jpg




世界にひとりしかいない美しいサンタクロース



クリスマスは終わってしまったけれど
わたしたちのサンタクロースは今日も明日も
いつだって愛に満ち溢れたプレゼントをくれる




With love

With love

L-O-V-E






彼に愛をこめて感謝を



You are my special Santa Claus.
Thank you for always making me happy.
I love you from bottom of my heart forever.



Letter In The Sky

家でしか聴いちゃダメな曲
街中で聴くとマジでとんでもないことになる曲

いろいろあるけれど



これは伏兵だったw


ふいうちといってもいい
今日クリスマスカードを選んでいるときに流れてきた


心の琴線にドストライクだから
聴いたら最後
案の定の結果にw




AI - Letter In The Sky Feat. The Jacksons

4834805.jpg




AI

ちょうどあなたのこと考えてた
何してるかな? 元気かな?って思ってたんだよ
そっちの世界には (もう慣れたのかな)
どんな場所? どんな感じ?
聞きたいことが山ほどあるから!

I wish I could touch you
この手紙が
キミに届くように祈ってる
悲しい時もあるけど
I'm alright!!! 大丈夫
また会う日までこうやって
I write a letter... (In the sky)


Jacksons

I can still feel your presence (Even though you're gone)
I can still hear your heart beat (Even though you're not home)
There's not a day that pass
That I don't think of you
I find myself up late at night
Wondering what to do

あなたの存在を感じる (遠くにいってしまったというのに)
あなたの鼓動が聞こえてくる (もうここにはいないというのに)
一日たりともあなたのことを
考えない日なんてなかった
ふと夜中に目が覚めて
どうしていいかわからない自分がいる

I wish I could touch you
I wish I could feel you
I wish I could see you
But you're so far away

触れることができたら
感じることができたら
見ることができたら
でもあなたはすでに遠く

I wish I could Hold you
tell you that I love you
You're so far away now
(but) the only thing I could do
Is write a letter... (In the sky)
Write a letter... (In the sky)

抱きしめることができたら愛してると伝えたい
でもあなたはすでに遠く
だから できる事はたった1つ
手紙を書くこと 空に向かって


AI&Jacksons

Even though you're not here (Wanna let you know I miss you)
So I'm writting this letter (To show you that I love you)
Cause it still feel like you're near (Even though I know you're far away)
I still keep you deep inside my heart
Each and everyday

あなたはもうここにはいない(でもまた会いたくて仕方がない)
だからこうして手紙を書くの(愛してると伝えるために)
そばにいるのを感じている(遠くにいってしまったことはわかっているのに)
心の中に大事にしまっている
いつもいつまでも

I wish I could touch you
I wish I could see you
But you're so far away

I wish I could hold you
You're so far away now
(but) the only thing I could do
Is write a letter... (In the sky)
Write a letter... (In the sky)

触れることができたら
見ることができたら
でもあなたはすでに遠く

抱きしめることができたら
でもあなたはすでに遠く
だからできることは たった1つ
手紙を書くこと 空に向かって
I write a letter(in the sky)・・




MJbeautiful.jpg




わたしがこうして飽きもせずここでとりとめもなくつらつらと書き続けているのは
彼への手紙みたいなものなのかもしれない

この空のどこかにいる彼への手紙なのかもしれない



一方通行の手紙

でも書かずにいられないんだ





Sunflowerandsky.jpg


I wish I could touch you
I wish I could see you
I wish I could hold you
You're so far away now
(but) the only thing I could do
Is write a letter... (In the sky)
Write a letter... (In the sky)

触れることができたら
見ることができたら
抱きしめることができたら
でもあなたはすでに遠く

だからできることは たった1つ
手紙を書くこと 空に向かって




Keep On Loving You, Michael

Twitterで仲良くしているMJクラスタのHちゃんと、なんばパークスで14日から始まったMJ46 Keep On Loving In NAMBA に急遽行くことになり、8月に神戸での46に行ったしなぁ・・と思いつつ、トリビュートイベントにも行かなかったし、なんとなく脳内マイケルだけではさみしかったせいもあって、昨日行ってきました。

行きの道中ではINVINCIBLEを聴きながら。
自分の中ではこのアルバムが一番好き。
わたしとマイケルが鉢合わせ、じゃないw、出会ったOff The Wallも捨てがたいのですが今はやっぱりこれだな。
これが出た当時はマイケルから離れていましたし、本当にわたしバカだったので、新聞の広告で発売を知り、まぁその広告のキャッチにもちょっと引くんですけれどね><(なんだこりゃ・・みたいな)

MJinvincible.jpg
本音を言うと今も若干引くw
いろんな意味で斬新すぎて「う~む・・」とうなったのが昨日のようですw

この人に言われなくても確かに「いつだってマイコーはスゴいんだぜベイベー」なんだけどね、うん正解なんだけどもねヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ


しかし当時のわたしのバカはさらに加速していて、この神アルバムを発売日に即買いせず、だーいぶ経った頃にこともあろうにレンタルCD視聴なんかして、しかもはじめの一発目の曲で、今ならテンションだだアガりになるあのギューーーーンという電子音がいきなり聞こえた時、「あらまぁ・・マイケル・・こんなことに・・」みたいなうすらがっかりしたのを良く覚えています。
今から思うと、なんだこりゃじゃねーよ、がっかりはお前だよ!ですし、こんなことにってどんなことなの?あん?と当時の自分の胸倉をつかんで言ってやりたい(`□´)コラッ!

Michael Jackson-Unbreakable



1曲目Unbreakableの、あのギューーーンは

93年以降吹き荒れていたネガティブキャンペーンの向かい風に決して負けやしないことを宣言するための
どんな困難にも毅然と立ち向かうマイケル・ジャクソンを高らかに宣言するための
ファンファーレだったのに



バカだったなー ε- (´ー`*) フッ ...


でもま、いっか。

今はこのアルバム大好きなんだから
許してくれるよマイケルも(確信はないw)

気を取り直して進め進め♪

で、着いたらばこんな大きな広告が^^

cK4CJ.jpg
目立つ目立つ^^


今回はスリラージャケット(?かな、たぶんw)及びキャプテンEOで使用された実物大模型(ってなあに?w)の2点が初見ということで、これらはジュリアンズ・オークションの協力で展示されるため到着が遅れているらしく、24日以降にお目見えだとか。

仕方ない・・もう一回行くかw



プリンセス天功さんがこの内覧展をスタートさせたのは2010年の六本木から。
今まで東京のみならず、名古屋、沖縄、福岡、神戸ときてやっと大阪で。
しかも今回の展示場であるなんばパークスというのは、もともと大阪球場でした。


はい、1987年のBAD Tourで西宮球場に続き10月10日~12日の3日間、マイケルがコンサートをやってくれた場所です。
なんとあれから四半世紀ぶりにマイケルが帰ってきてくれました。


img_40271_1897553_5.jpg


行きたかったけれど日がうまく合わず、結局取れなかったチケット。


マイケルが大阪入りした後、大阪市役所へ市長を表敬訪問して、バブルスと一緒にお茶を飲んでいるニュースを見ただけで、胸がいっぱいになったことを思い出しました。

大阪キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!みたいなw


o0470033511193942628.jpg


行ったことがある方にはおなじみのエド・ハーディのiPhoneカバーや妙に派手なカバーの使いかけのクリネックスティッシュやサイン入りの白いフェドラ帽や78年のインタビューテープ・・
サイン入りThrillerのLPを見て、LP買ったなぁと遠い目なぞしつつw

普段わたしはあまりグッズとかに触手を示さないのですが、といいつつイベント時には記念に買っちゃうのですけれどね。

今回はキーホルダーを買おうと。


MZ5sa.jpg
一緒に行ったクラスタGirlのHちゃんのランド土産のミッキーキーホルダーとともに。ミッキーとマイケル、よい構図だー^^




MJ46ではマイケル最後のサインを天功さんが落札されたため、必ず見ることができます。
今回はそのサインを刻印したキーホルダーも販売されていたのですが・・なんだか切なくやりきれない気持ちになるのであんまり見ないようにしていました。

普通の赤いキーホルダー(MJ46in KOBEでは売り切れていたので)をスタッフのきれいなおにゃのこ^^に「これを」と言うと、若くてきれいな彼女は「こちらの新作はマイケルのサインが刻印されているんですけれど、いかがですかぁ?」と天真爛漫な笑顔で勧めてくれました。

んが

いや・・それは切ないんだよGirl、せっかくだけど・・


「展示されていた最後のサインなんですよ~♪」と、さらににこやかにたたみかけるGirl!

だ、だからぁ(/_;)

「うん・・でもなんだかあれは切なす・・」


あれ


や・・




やばいやばいやばい



だめだめだめ!しっかりしろakim!かっこわるいぞ、みっともないぞ!!

こらえろこらえろ!こ・・ら・・



つーーーー・・と涙が



いい年をした元Girlはスタッフたちを前にして、かっこ悪いことに、もはや全くかわいくない泣き顔をさらしてしまいました。


「ご、ごめんなさい、ドン引きさせちゃって><」と謝るときれいなGirlは「いえいえ、そんな!わたしも映画5回見てひとりで泣きましたぁ^^」と気を使って慰めてくれましたが、「そうかいGirl・・あたしゃ17回毎回懲りずに泣いただよ」とは言わずにえへへと照れ隠しに笑ってごまかしたのですが。



gallery_10_535_534589.jpg



だめだな・・
いつまでも


わたしはこうやって何かあるたびに、彼の不在を自覚するたびに、今もくすぶる後悔や強烈に襲い掛かる寂しさと向き合って、そのたびにそれらとなんとか折り合いをつけて、そしてきっとこれから先もずっと消えることはないそれらの感情と共存して過ごしていくのだなぁと

彼を愛する人はみんなそうなんだなぁと


毎日の生活を笑ったり泣いたり怒ったりして過ごしていきながら
心の中にいつも彼がいて


街中にあふれるクリスマスソングの中に聞き覚えのあるまだ幼くて高い声を聴いたときに

月食の月がわたしたちの星にその姿を遮られ、従来煌々と放っていた光がつつましく薄れたおかげで、ここぞとばかり生き生きと輝きを放つ無数の星たちを見上げたときに


ふいをつかれて


届くことはなくともどれだけ日が過ぎようともしっかりと灯る彼への想いが
それは尊敬とかあいくるしさとか憧れとか心酔とか言葉で表せない、だいすきだという想いが


涙となってこぼれおちてしまうなんてことを、これからも何度も何度も繰り返しながら生きていくのだなあと。


それはわたしだけじゃなく

ここを訪れてくださるみなさんもきっと同じ想いを抱えて。





Keep on Loving You, Michael



このやるせなく切ない寂しさは


あなたがだいすきだという証だから



だからこの寂しさを手放さず


いつまでも心に抱えていくよ







MJ46 Keep On Loving in NAMBA produced Princess Tenko

今回の開催期間は27日までです。



マイケルのYOU

昨日は高校時代に所属していた演劇部の同窓会でした。
長年仕事が忙しくて参加できなくて、もうおっそろしいほど会っていないメンバーばかりで。

でも今回は這ってでも行こうと決めていましたw

久しぶりなんだけど、会った瞬間時間が逆回転し、みんな一気にGirlに戻ってとても楽しい時間を過ごす事ができました。

わたしは髪の毛がどうもうまくきまらなかったので、仕方なくフェドラ帽をかぶることにして、そうなるとどうしてもコーデがビリジンぽくなってきて、ま、いっかと出かけたのですが、予想通り全員(8人)が異常なほどに反応して喰いつきまくってくれて、ほぼ全員が「今日のakimってマイケル・ジャクソンみたいじゃんw」と。w
彼女たちは冗談のつもりだったんだろうけれど、こちらとしてはそれ以上の褒め言葉はないもんだから、ド超がつくほどうれしかったわけでw

彼女たちとクラブ活動をいそしんだ3年間、わたしがマイケルのファンだと知っている子はたったひとりだけいたのですが、彼女は長年会っていなくてもわかってくれていて「マイケル残念だったね。帽子よく似合っているよ」と言ってくれました。

わたしは普通に「あっそう?サンキュー」と言おうと思ったのですがその瞬間涙がぶわっと(´;ω;`)


他のみんなは「げげ!」という感じで一気にドン引きしつつも、意外なことにみんなすぐに状況を察して、「えー?あんたマイケルのファンだったの!?」とか言う子はなぜかいなくて、口々に「TII観たよ」とか「優しい人だったよね」とか「偉大な人だったよね」とか言ってくれて、内心驚いたのはこっちのほうだと思いつつ、とてもとてもうれしくて、何故か「ありがとうありがとう」とぺこぺこみんなにお辞儀してw

そのうちの一人が悪気全くない感じで「でもさぁ、マイケルってさぁ、白人になりたかったんでしょう?」と聞いてきました。

今まで何度同じ事を聞かれたことか、ですが、「あのさ。もう何を信じていもいいから、彼が白人になりたかったっていうのと、2005年の裁判のふたつだけは、絶対に違うし冤罪だからね。」と言うと、別のメンバーが「病気なんだよね、世界仰天ニュースでやってた」とかw、また別の子が「あたしもテレビで見た。色素が抜けちゃう病気で、仕方なく白いメイクしてたって」とか、さらに「あの裁判も変なお金目当ての家族のでっち上げってテレビで見たよ」「うん、あたしもそれ観た~本当災難だったよね、マイケル」とか、口々にみんな話してくれて。


そんなみんなにさらに涙腺崩壊したわたしは、一人一人と握手し、Hugをしながら「そうそう、ありがとう、そう、そうなの、わかってくれてうれしいよ、ありがとうね、ありがとうね」と言いながら、ひとりババ泣きして、おそらく8人中2,3人は絶対内心では「ひょ~え~ ( ̄□ ̄;)」と引いていたと思いますが、みんな優しかった(泣)

過去にはいろいろあった日テレ系列ですが、あの日以降、特にTII以降、何回かマイケルに関する番組が放送され、彼の誤解を解くような内容のものもあって、そういう意味では観ている人は観ていて、少なくとも間違った情報(白斑と冤罪)を修正する事に一役買っているには違いないようで。

でも2005年当時は、同じように「マイケルって変わってるよね、テレビでやってた」「お騒がせセレブだよね、マイケルって」とか「捕まったんでしょ?マイケル最低、ニュースに出てたよ」とか、そういう言葉も沢山聞きました。

今日と同じように「テレビで言ってたよ」「ニュースで見たよ」「雑誌に出てたよ」と。



MJJ-HISTORY-ERA-michael-jackson-20405584-1200-830.jpg
卑劣な報道を止めろ



I love you and miss you all.
let's destroy all tabloids.
I hate them.
But I love you forever.
Love, M.Jackson

僕は君たちを愛しているし、君たちが恋しいよ
全てのタブロイドを焼却しよう
僕はあんなの嫌いなんだ
でも君たちの事は永遠に愛しているよ
愛を込めて M.Jackson


e5dd1d81bd03bb9c504bd581103f7f19sspd5550iloveyou.jpg



Make sure all fans read this.
Let's have tabloid burning.
I must sleep now.
I love you. M.J

ファンのみんなは絶対これを読んで
タブロイドは燃やしてしまおう
もう寝なければ
愛してるよ MJ

image1295539742285138-363c9.jpg
ホテル備え付けのリネンにメッセージを書きバルコニーからファンへ


I love all of you so so much.
I'm very lonely without you,
you are my life always
Please love me always.
"Burn" all tabloids.
Love, Michael Jackson

君たちをとてもとても愛しているよ
僕は君たちなしではとても孤独なんだ
君たちはいつも僕の活力なんだ
どうか僕をいつも愛してください
すべてのタブロイドを燃やすんだ
愛を込めて Michael Jackson

image1295539677457809.jpg



Michael+Jackson+Michael+I+love+you.jpg



Don't believe all the strange stories that people make up about me.
Sometimes I cry, But it's fans like you that make me go on.
I love you.

人が作り上げた僕に関するすべての変な話を信じないでください
時々僕は泣いてしまう、けれども皆さんのようなファンが僕を前へ進ませてくれるのです
皆さんを愛しています


e5dd1d81bd03bb9c504bd581103f7f19sspd5550.jpg



I MUST SLEEP NOW,
I TRULY LOVE YOU ALL FOREVER I PROM-SE,(正しくはpromise)
LOVE MICHAEL JACKSON

僕はもう眠らなければならない
君たちみんなを本当に愛しているって約束するよ
愛を込めて MICHAEL JACKSON

351023887Handwritten Dorchester Hotel linen



163215_118156714919066_100001742148166_126087_797715_n.jpg



当時のわたしはマイケルから離れていましたし、ファンだと公言もしていませんでしたから、そのような言葉を聞くたびに悔しいけれど消極的な反論しか出来ず、例えば「そんな人じゃないと思うけど」とか「メディアが騒ぎすぎなんじゃないかなぁ」とか。

正直に言えば、「絶対に何かの間違い!そんなこと絶対にありえない!」と思っていても、それを強く主張できるほどわたしはマイケルのことを実は知らなかった。
堂々とファンを名乗っていた時期ですら、彼の歌が好きで彼自身に魅力を感じて、要は彼に好感を抱いていただけだったなぁと。
プリンスのファンの友人と「どちらがすごくてステキか」バトルを繰り広げていて、「ムーンウォーク」に書かれていることを言うと「だからマイケルは優等生ぶりっこなんだよ」と言われ、実は自分もそう思っていたからそこから反論できず、最後はお決まりのように「プリンスはスリラーみたいな地球規模で売れてるアルバムなんかないやん」で打ち負かすしかなく。
ネバーランドを作ったマイケルの本当の気持ちなど何にも知らず「ホントにピーターパンのつもりなんだなぁ」とずれた感想を抱き、すごく好きだけどその桁外れな行動に、庶民の自分との距離を再確認したりして、「やっぱり遠い人だ」などと心のどこかで思っていたわけで。

ファンだと公言していた時ですらそんな感じだったので、マイケルが恐ろしく偏った偏向報道にさらされている時に、自信を持って強い気持ちで彼を弁護する事などできるはずもなく。


もしも今の自分であの頃に帰れるなら





彼の元へ戻って以降、わたしはもっときちんとマイケルを知りたくて、理解したくて、それは曲についてもですし、その背景も彼の考えも、彼が伝えたかった事を、昔のようにずれてとることがないように。
彼の事をひとつひとつ、ゆっくりとパズルのピースをつなげるように自分の中で理解するにつれ、彼の言葉や考えから得るものはとてつもなく多く、大げさですがそれは自分の生きる姿勢や考えにも多大な影響を及ぼし、さらには彼のファンであることに恥じない自分を意識しだし。

こんなわたしのような人はきっと多いと、このブログを続けていて確信しているのですが(笑)


昨日一番嬉しかった事。

それは、もう10年以上会っていなかったクラブのメンバーと久しぶりに会い、昔話に花が咲き、笑って食べてよく飲んで、最高に楽しい時間を過ごしたわけですが、最後のほうでみんなが、「あんたが泣くほど好きなマイケルをもっと知りたくなったw」「うん、映画を見てマイケルがステキな人だっていうのはわかったけど、akimがそこまで好きなら相当ステキなんだって思った」と言ってくれたことでした。

ようやくわたしは彼のファンだと胸を張っていえる自分になれたような気がして、同時に彼のファンだと言ってもいいよと神様から認めてもらえたような気がして


それはマイケルがいつもファンに向けて言ってくれる「I love you」のYouの仲間入りができたような気がして
彼の「I love you」の向かう先に自分がいてもいいのだと思えて


とてもとても嬉しかったのでした。


jacksonLL_1603_468x678.jpg



I truly love all of you.
I am recording tonight, for all of you.
You are my true inspiration forever.
I am living for you, and the children.
Be alive, be free, feel contiousness subcontious, being God.
I love you. M.Jackson and Family.

僕は君たちみんなを心から愛している
今夜はレコーディングしているんだ、皆さんのためにね
皆さんは永遠に僕に本物の創造の閃きを与えてくれる存在だ
僕は君たちと子供たちのために生きている
活き活きと、自由に、潜在意識の中で神と一体化するような感覚を感じることを、意識してみて
君たちを愛してるよ M.Jacksonとその家族より

mjletter2.jpg
2008年11月10日LAベルエアーホテルでファンに渡されたメッセージ


You make me sooo happy.
can feel your Energy Through the Walls.
The sky is the limit
Higher consciousness always.
Working Hard, as always,
Music, film, performance
I love you

君たちは僕をとってもとっても幸せにしてくれる
外壁を通して君たちのエネルギーを感じられるよ
可能性は無限だ
いつも、より高い次元の意識を持ち
いつも通り、創作に励むこと
音楽、映画、パフォーマンス
I love you

mjletter1.jpg
2008年11月11日同じくベルエアーホテルからのメッセージ





マイケル


昔はうわっつらのファンだったかもしれないけれど

今は本当に強い気持ちで自信を持って胸を張って
あなたのファンだと
あなたが好きだと
いえる自分にようやくなれたよ

人は遅いと言うかもしれないけれど

決して遅くなんかないよね



これからも

あなたがどれほどステキで優しくて尊くて美しい人であるかを

michael579_0.jpg


わたしが話した時に素直に聞いてもらえるように
まっすぐに伝わるように
わたしというフィルターがあなたを汚したりしないように

本当にステキで優しくて尊くて美しいあなたに恥じないように
自分を信じて歩いていくね



だからわたしを

あなたがあなたの大好きで大切にしているファンに向けて言う

I love youの

Youのひとりでいさせてね



これから先もずっと



いつまでも


子供用教育漫画にマイケルが^^

朝日新聞出版から発刊される「週刊マンガ世界の偉人」
創刊号は2012年1月27日「エジソン」ですが、そのラインナップにマイケルが。

mangasekainoijincover.jpg


「マイケルついに子供用教育漫画に!!
2012/3/13(火)発売【週刊 マンガ世界の偉人 マイケル・ジャクソン】8号 490円
世界を動かした偉人50人を紹介する子供向けの週刊誌」
朝日新聞出版公式HP

mangasekainoijin.jpg

スティーブ・ジョブズも24号に^^(過去記事:Michael と Steve Jobs

キング牧師、チャップリン、マザーテレサといったマイケルが尊敬していた名だたる偉人と共に。

「偉人」として取り上げられるのがすごいのではなくて
子供向けの本に「憧れの人」として載るのがうれしい。

さすがに内容はきちんとしていると信じているけれど、どうも実際見るまでは100%安心できないけれど、でもやっぱりうれしい。

news_large_8_2.jpg

絵は少しマッチョっぽくて濃すぎのような気もするけれど、この際そこはよしとしてw


子供が読む本に、こんなふうに自分が載る事を彼が知ったら

きっと喜ぶよね

絶対に喜ぶよね


いろいろな事があって

何をマイケルが喜ぶと思うのかは

人ぞれぞれ意見があるだろうけれど


子供向けの教育本(たとえ漫画であっても)に自分が載る事



これだけはきっと喜ぶって言いきれる

子供を心から愛していて
心から彼らを気にかけて
子供のお手本になりたくて
心から彼らを守りたくて

そんな自分が子供に対して「危険」だというレッテルを貼られて以降
どれだけ心が折れて苦しんで傷ついたか


偉人だとかどうだとかではなくて

彼が欲しかったのはそんな評価ではなくて

自分が子供たちに差し伸ばすその手をさえぎられたりしないこと


だと思うから


こんな風な評価をずっと待っていた

だから




きっと彼は喜んでくれる

そう思う



マイケル

見えてる?


Michael+Jackson+I+Love+You+MICHAEL+You+Are+My.jpg


sidetitleプロフィールsidetitle

gonpee2008

Author:gonpee2008
名前はakim
家族は主人と猫のゴン&ピー
いたってノーマル・・だけどMJバカw

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。