スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Michael and Christmas その2

マイケルにとってクリスマスというのは、自分が歓声や賞賛というものと引き換えに、手に入れることが出来ないものの象徴だったのかもしれません。
ですから彼は、ショウビジネスになんら関係のない普通の子供なのに、別の理由でクリスマスを祝えない子供を自分と重ねて心を痛めます。
それは貧困だったり親からの愛情不足だったり国の政治的理由で戦争状態だったり、そのほかさまざまな理由でです。
そんな子供達を支えるさまざまな活動を行ってきたMJは、さらなる新しい慈善団体の設立を目指し、2002年12月にドイツの子供達や大人に向けて「クリスマスメッセージ」を出し、そこでそのようなクリスマスも祝えないような子供を助ける協力を求めます。



子供の皆さん、こんばんは。そして、メリークリスマス
僕は音楽を作る時に、僕の音楽が多くの人々に喜びを与えられたらいいなといつも願っています。
もしもそうなれば僕はとても幸せです。
誰かに喜びを与えることはとても幸せなことなのです。
残念なことに、幸せではない子供達は大勢います。
ここドイツにも、他の国にもです。
そのような子供達にとってクリスマスの期間は特に辛いもの・・なぜならクリスマスは
自分達が持たないものを気づかされる時だからです。
誰かにとってはそれはささやかなプレゼントかもしれませんし、暖かい食事だったり家族だったりするかもしれませんし、あるいはほんの少しの愛だったりするかもしれません。
だからこそ君達の助けが必要です。
僕と一緒にそんな子供達を助けて欲しいのです。
孤独を感じている子供達に、僕達みんなで「君は一人じゃないんだよ」と言ってあげましょう。
今年は、ただ僕一人が君達ドイツの子供達にこうして話すことによって、ほんの少しの贈り物をしていますが、もしも君達が助けてくれるならば、来年は一緒にもっと多くの国の子供達のために同じことができるのです。
僕達は一緒におしゃべりをして・・おそらく一緒に歌も歌って、贈り物をしあったりもするでしょう。
これは大きなことだと考えて。
僕らと一緒に頑張ってくれる多くの人を見つけよう。
ここドイツで、そしてヨーロッパ全体で、そして、世界中すべてで。
僕らはできる。
僕らなら必ずできるんだ。
そして、大人の皆さんにはこんなことを話したいんです。
僕達大人にとっては大切だと思うことが沢山あって、時々大切なのは自分達だと考えがちですが
僕達なんて大切ではありません。
僕達の子供達以外に大切なものなどありはしません。
彼ら子供達は未来です。
彼らが世界を癒せるのです。
彼らを守ることは大人である僕達の責務です。
彼らにアドバイスを与え、励まし、助けて愛してあげることなのです。
彼らが夢に向かっていけるよう勇気付けてあげましょう。
そして、親として、友人として、親類として、彼らが良い夢を描けるよう手助けをしていきましょう。
僕は新年を楽しみにしています。
君達子供達と一緒に、他の子供達を助ける団体を作ることを、僕は約束します。
もしも君達が一緒にやってくれたら、良い気分になってとても楽しいことになるでしょう。
Merry Christmas!
僕は君達を心から愛しています。本当にありがとう。



実際2003年に彼は子供や青少年がよりよい夢と希望をもてるよう、援助・支援する目的の新しい慈善団体(名称だけは「GO FOR YOUR DREAMS」と彼は決めていました)を立ち上げようとしていました。
残念ながら前述のバシールの番組が発端となって、徐々に彼は最悪な裁判へ引きずり込まれてしまうことで計画も頓挫することになってしまうのです。

1993年と2005年のいわゆる児童への性的虐待容疑は、すべて金銭目的のでっちあげだったわけですが、12月16日放送予定の日本テレビの特番で、この冤罪を証明する取材ができたと番組制作に関わった作家の方がお話されています。
こちらに詳細の記事があります。陶子さんリンク事後報告で許してね)
実際判決はすべての容疑が無罪だったわけですが、当時きちんとした詳細な報道がなされなかった為に、いまだにMJをグレーだと思っている人は多いようですので、ゴールデンタイムに放送されるこの番組に期待したいところです。
どうか妙な編集がなされていませんように・・


プリンス君をはじめ、子供が生まれてからのマイケルは自分がどこかに落として無くしてしまった Childhood を、子供達には思い切り楽しませてあげようと、もちろんクリスマスも盛大にお祝いしていました。
でも実は彼は失われた楽しいときを成長する子供達と一緒に同じように味わい、取り戻していたのでしょう。
彼が子育てに没頭した12年間は、子供の為というより彼の為にこそ必要で、それはとても大切な時間だったのではないかな・・と勝手に思います。


もうすぐクリスマス。
街にはクリスマスを知らなかった少年が楽しげに歌うクリスマスソングが響きわたる季節です。

子供達と沢山のクリスマスを過ごした今のマイケルのクリスマスソングを聞いてみたかったな・・などと思うとまた泣けてくるのが困ります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

gonpee2008

Author:gonpee2008
名前はakim
家族は主人と猫のゴン&ピー
いたってノーマル・・だけどMJバカw

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。