スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OMG..

こういう人、結構多いんじゃないでしょうか・・


TII の特典映像で立ち直りかけた気持ちがぶっとび、7ヶ月前に引き戻されたっていう。

はい、まさに自分です。


ケニーはじめスタッフ全員のマイケルを愛する気持ちが心に痛い。
彼らがマイケルを語れば語るほど辛い。
現実を突きつけられた気がして。


1度見てからもう見れない。
何度もみようと思ってたのに、もう見る勇気がない。
まさかの封印の勢い・・
よわ・・自分(泣)


大人の自分の頭では、冷静に受け入れようと頑張りますが
自分の中の子供が叫ぶ。

マイケルはいつになったら帰ってくるの?
早く返してよ!
あたしたちにマイケルを返して!うわーん!


・・と自分の中の子供が大泣き。



まいった・・


こんなんじゃ明日のグラミーのTributeを見るのも無理っぽい。
楽しみにしてたけど・・



弱くてごめんね マイケル

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

akimさん、大丈夫です。
私も封印組です(^^)v

DVD予約時から、見るかどうかわからないけど・・とりあえず・・という感じで弱腰で購入。
案の定、一度観たきり、ジャケットを見るのも辛いため、まさかの棚の奥・・・

でも、オルテガとマイコーの女子二人なツーショット♪かわい過ぎです(^^)

はじめまして

akim様はじめまして。
実はこちらのブログはマイケルがいなくなってから毎日のように拝見させていただいておりました。

akimさんの冷静で品のよい文章、内容の充実さ、こちらのブログが一番ホッとします。

私も特典映像にかなりやられました。
衣装も舞台装置も凝っていてすばらしかったですね。

それにしてもオルテガ監督を始め、関係者の方々はマイケルの思い出話を淡々と時には笑顔でされてますよね。
特に映画の編集中にマイケルの声が聞こえたなんて、聞いてるこちらはもう涙涙なんですが。
自分だったら辛すぎて長く話せないけど、芸術家の方々はみんな達観しているのかな・・・って思います。


度々、すいません・・・

プリンスくんとパリスちゃんのグラミースピーチ見ました。
あまりに立派で健気でしっかりしていて頑張っていて、DVD封印なんてしてしまっていた自分が恥ずかしくなってしまいました・・・

マイケルの意思は受け継がれてますね♪
私たちも悲しんでられない!改めてそう感じました。
二人の衣装も素敵でしたね。

melissaさん

はい・・どっちが大人なんだかって感じで恥ずかしいですw
彼らの事は今日の記事に書きましたので、またよければ見てくださいね。
ふぅ・・でもわたしも埋葬式でてお棺の中の彼を見て、みたいな現実に直面すればある意味受け入れざるを得ないわけですから、辛くてもそうできればどれだけよかったかなぁなんて思ったりするんです。往生際悪いけどw
ニュースだけで「はいそうですか」とはいかないよね・・なんて。
ぶんぶん!だめだめ!そうですよね。大人なんだからw

チッチさん

こちらこそはじめまして!お越しくださった上にコメントまでありがとうございます!
はは、でもそんな冷静ではないですよねー最近w
でも長らく読んでいただいてたなんて嬉しいです。ありがとうございます。

うーん・・やはり彼らはMJの意思を伝える責任感の方が勝っていたのではないでしょうか・・わたしみたいなんがめそめそしてる分にはいいですけれど、彼らも立派なクリエイターですし、作品を語る上では仕方なかったかもしれませんね・・。
案外カットの声がかかった途端、めそめそしてたりしてねw

どうぞこれからも気軽に遊びに来てくださいね♪

特典映像のインタビューは、かなりずしんときますね、
ギタリストの体格のいいかたなんかは、
身体に似合わず、深い感謝と悲しみの気持ちが伝わってきました、
THIS IS ITは、かなり売れてるようで、あちこちで、マイケルの偉大さと純粋さがファンでなかった方々からでも語られているようです。
(あちこちブログなんか覗き見してます^^)
本編を見たら、今まで間違った情報しか伝わってなかった人でも
マイケルの純粋な気持ちと、アーチストとしての凄さがわかりますね!

やっちさん

うんうん、本当にそうですね。
今までの露出の方向が偏りすぎていたわけですから・・
ただ良くも悪くもメディアの力を認めざるを得ない。
今、もしも未だMJを犯罪者扱いするコメントなんかを話す人がテレビにいたら、おそらく無知のレッテルを貼られ相手にされず非難ごうごう・・て感じがするんです。
この流れはMJがいなくなった事と映画が大きな鍵を握っている。
メディアもこうなると昔みたいな下手な番組作りはもうできない。
世間様が黙っていないでしょ?結局時流に乗っているっていうところもある・・
純粋にMJをリスペクトして番組を作るところもあるけれども。
彼が元気な頃にこの流れが来なかったことは、悔しいけれど仕方なかったのか・・とか思ったりしますね。
当時はマイナスのベクトルに照準が合ってしまっていたから。
たった1日で変わるようなベクトルに、彼は何十年も苦しめられたわけですからね・・。
今の日本の状態が一過性のブームで終わらないように願います。真剣に彼のメッセージを心に刻んで、彼をリスペクトして、彼のレガシーを大切にしなければ、結局はメディアに操作されてしまっているのと同じですから。
sidetitleプロフィールsidetitle

gonpee2008

Author:gonpee2008
名前はakim
家族は主人と猫のゴン&ピー
いたってノーマル・・だけどMJバカw

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。