スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

He is so special for me.

今までファンになったアーティストは、マイケル以外にもいた。
その人たちの事も自分なりに大好きだったし、今も好きな人々はいる。

ただ、マイケルと決定的に違うところ。
それは

彼に恥じないようなファンでありたい
彼を支持するにふさわしい自分でありたい

なんて考えていること。
こんなのは初めてだったから。
そんな風に思うことなど今までなかったから。


でもマイケルを愛している人は、誰でもそんな風に思うだろう。

だって彼はファンをとても大切にしてくれたから。
実際に逢ってサインをしてもらうことがなくとも、握手をしてもらうことがなくとも、言葉をかけてもらうことがなくとも
どれだけ彼がファンを大切に想っていたかはすぐわかる。

今までの作品すべてがファンのために創られたもの
ツアーも、ステージも、スピーチも、インタビューも、どれもこれも
SFひとつとっても、誰もやっていないことを、新しくて楽しい仕掛けを、みんなを喜ばせるようなものをって

あのロンドン公演も


少し前なら、彼から遠ざかっていた時期のある自分など、彼が大切にしていたファンの中に入っていないと嘆き悲しんでいただろうけれど


彼はまさに今、この瞬間に彼を大好きになった人をも、きっと大切に想うはずなのだから。
それどころか彼を誤解している人にだって、そんな人こそ愛が必要だと祈りを捧げるような人だもの。


2003年の彼の45歳のお誕生日
それを祝うファンクラブの席上で彼は言った。

I am deeply moved and touched by your love.
I want you to know that I appreciate my fans not just on occasions like this -- but every day of my life. It is your presence, your faith and your loyalty that has given me great strength during difficult times, and it was you who inspired me to work hard and deliver, I owe you.


僕は皆さんの愛に深く心を動かされ、そして感動しています。
このような機会だけでなく、毎日の生活でもファンに感謝しているということを皆さんに知っていてほしい。 
皆さんの存在、信頼、そして忠誠心こそが、困難な時にも僕に巨大な力を与え続けてくれていたのですし、僕が一生懸命に仕事をし、それを届けるということを触発していた存在こそ皆さんだったのですから。
だから、
僕は皆さんに借りがあります。


注:ソース原文はこちら 和訳掲載サイトは全幅の信頼を寄せるこちら


2003年「60minutes」でのインタビューで、あの忌まわしい嫌疑をかけられた自分を支えてくれるファンに対して彼は言った。
過去記事はこちら(インタビュー動画)

And thank you for your support, the fans around the world.
I love you with all my heart.
I don't take any of it for granted. Any of it.
And I love them dearly, all over the world.

世界中のファンの皆さんのサポートに感謝します。
あなたたちを心から愛しています。
(自分を愛してくれることを)当然の事だなんて思ってなどいません。少しもです。
世界中のみんなの事を、本当に心から愛しています。


mj8.jpg


自分がこうしているのはファンがいてこそ・・だから君達に僕は借りがあるんだよ
その借りを返す為に、またいい音楽、そしてアートを君達に届けられるよう頑張るんだ
愛してもらうのが当然など思っちゃいないけれど、でもそうしてくれる君達を僕はそれ以上にもっと愛している



こんなに謙虚な気持ちを持ってファンに接する、しかも(言葉は嫌いだけれど)スーパースターがいただろうか。
わたし達が望んで進んで彼を愛することを、こんなにも感謝してくれる人。

ダメだといわれても彼を大好きになってしまうだけなのに。
勝手に大好きになるだけなのに。
なのにいつも彼は、いつまでも変わらずファンを愛して大切に想ってくれる。


だから、そんな彼だから。

きっと今日、今この瞬間に彼を大好きになった人をも愛してくれるはずなのだ。


この人のファンであることに恥じない自分でいたい
そう想うファンは絶対多いはず

マイケルを見ればファンがわかる
ファンを見ればマイケルがわかる


だから


彼に恥じないようなファンでありたい
彼を支持するにふさわしい自分でありたい

こんな風にいつも考える


こんな風に想わせる人は今までいなかった




そしてこれからも



いない






2008年11月 LA ベルエアーホテルでファンに手渡されたマイケル直筆の手紙
mjletter2.jpg

I truly love all of you.
I am recording tonight, for all of you,
You are My true inspiration Forever.
I am living for you, and the children,
Be alive, Be free, feel consciousness subconscious, being God.
I love you

僕は君たち総てを心から愛している
今夜はレコーディングしているんだ、皆さんのためにね
皆さんは永遠に僕に本物の創造の閃きを与えてくれる存在だ
僕は皆さんと子供たちのために生きている

活き活きと、自由に、潜在意識の中で神と一体化するような感覚を感じることを、意識してみて
I love you


注:ソース原文はこちら 和訳掲載サイトは全幅の信頼を寄せるこちら 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます

今日も眠れずにいました。
akimさん。のblogに出逢えた事に感謝しています。
哀しさ、虚しさ、寂しさの入り混じった気持ちを癒せる場所が見つかった気がしています。
マイケルに恥じない自分に成ろうと思う日々です。ありがとうございます。

こんにちは

以前もコメントさせていただきました。
いつもマイケルについての素敵なお話ありがとうございます。

ソース原文になったHP、私も以前見たことはあったのですが、
改めてまた読み返すと、目頭が熱くなりますね。
マイケルに会った12歳の女の子の率直な言葉。

>マイケルは"Wow...Thank you"といったわ。
彼が私にサンキュウといってくれたことが信じられなかった。

この気持ちよ~くわかりますよね。

"Wow...Thank you"
どうしてこれだけの言葉で愛が伝わるんだろう。
なんだか今日は感傷的になってしまって涙が止まりません。
もうすぐオリンピックの開会式だ。。。

りんごさん

こんなblogでもりんごさんが少しは癒されるなら続けている価値があります。
そんな風に思ってくださって嬉しいです。ありがとうございます。
そうですね。
彼に恥じない自分でいようと思って日々を大切に生きていく・・なんて、結局は
彼に導かれての事ですから、やはり彼は未だに私たちにGiftを贈り続けてくれているのですね。
遅かろうとなんだろうと、彼に出逢えて彼に寄り添うことは自分の人生を
何倍も豊かにしてくれている・・と、やっぱりそう思うのです。
私たちは幸せなんですよね。本当に。

チッチさん

いえいえ、こちらこそご訪問ありがとうございます。嬉しいです。
そのサイトさんはわたしがとても信頼を寄せるサイトのうちのひとつです。
12歳のファンの女の子の言葉、ええ。覚えていますw
今はおそらくもう19歳ぐらいでしょうね。
彼女にとって彼の「Wow・・Thank you」は一生の宝物ですね。
それこそPricelessの。
そんな思い出できれば欲しかったけれど、今はわたしにとって彼自体が
Pricelessの宝物ですから・・それで充分だと思うことにしますw
sidetitleプロフィールsidetitle

gonpee2008

Author:gonpee2008
名前はakim
家族は主人と猫のゴン&ピー
いたってノーマル・・だけどMJバカw

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。