スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nine Month

前回の記事を書いている最中から、どこかでなにか忘れ物をしているような気がしていたのですが、過去記事をチェックしていて適当な発言をしていたことに気づきました。

その記事はこれなのですが、そこで今ではもうTIIを語る上でははずせないダンスムーブとなった、円陣でのBADからドリル、ケイデンス、そしてThey don't care about us の一連のダンスのドリル部分に使われているのが Mind Is The Magic なのですが、あまりに簡単にスルーしているのでここできちんと書いておこうと。

この曲はマイケルがBAD Tuorでのマジックを指導してもらったのが縁で、大変親交のあったドイツ出身のイリュージニストコンビのSiegfried and Royに提供しました。
作品自体は1989年にブライアン・ローレンという方との共作ということですが、Siegfried and Royが1990年からラスベガスのホテル・ミラージュでホワイトタイガーを駆使する大掛かりなイリュージョンショウを始めるにあたって、そのショウのテーマソングとして作り直され、マイケルはボーカルとバックボーカルを行っています。
1995年に彼らのショウのサントラアルバム(「Dreams & Illusions」)に、この曲を入れることをマイケルが承諾して発表されるまでは、彼らのショウを観なければ聴くことができない、という幻の曲でした。
彼らのための曲ですから、ある意味商品名を連呼するコマーシャル曲っぽく、マイケルはサビ部分に二人を前面にPUSHして、何度も♪Siegfried and Ro~~~yと連呼して、彼らの魔法は本物さ~とアピールしていますw



マイケルは幾度もベガスの彼らのショウを観ていますし、2002年の夏には SiegfriedとRoyのパフォーマンス終了後に楽屋へ行き、自らお得意のマジックを披露したうえ、生まれたばかりのブランケット君のお披露目をしたそうです。
彼らのミラージュでのショウは2003年まで続けられましたが、この年にRoyが長年かわいがってイリュージョンのパートナーでもあったホワイトタイガーに咬まれる事故が起きてしまい、彼は一時重態となるほどの大怪我を負ってしまったため、やむなく公演は終了しなければならなくなりました。
この時、マイケルもRoyにお見舞いとSiegfriedに励ましのコメントを送っています。

o0475035610376596220.jpg
にゃは♪

ちなみに、このおふたりは日本でも“ツムラ・イリュージョン”で1年間公演していらっしゃいました。
なんか聞き覚えがあるw

この曲のイントロのわくわくさせるような、あるいはゾクゾクさせるような複数のパーカッションの響きが本来イリュージョンのオープニングを飾るにふさわしいアレンジでしたが、今回TIIで、マイケルが自身のアルバムに入っていないこれを採用したのは、密かにファンの支持が高かったのもあるでしょうが(ファンが聴きたい曲をやるという目的でアンケートを事前にとっていた)、彼自身も気に入ってたのではないかと。
このイントロでの印象的な一連のダンスは、群舞として彼に捧げる為につい先ごろもFlash Mobとして、トラヴィスが先頭になってハリウッドで行われたばかりです。
このTributeで集まった寄付はすべてYeleハイチ地震救援基金へ送られました。



(Youtubeからご覧になりたい方はこちらから)

トラヴィスは年明け早々にも、フィリピン・セブ島の受刑者達とこのパフォーマンスを行っています。(見たい方はこちらから)


余談ですが、わたしがマイケルがこのMind Is The Magicを気に入っていたのではないかと思うもうひとつの理由は、この曲のBメロ(というのかな?正しい言い方があればごめんなさい)とWho Is It のBメロがとても似ているように思えて、最初に聴いた頃は、あれ?どっちがどっちだったかな?なんて感じでした。
どちらがどちらにインスパイアされたかわかりませんが、どちらも作られたのが同時期ような感じに思えるので、自分の気に入ったメロディといいますか、コードというものはどこかで形を変えて現われるのではないか・・と素人の癖に思ったりしていたのです。ま、これは只の感想です。ほんと余談でしたねw

とにもかくにも、今となってはこのイントロはとても重要なパーツを占めているように思えたので、長くなりましたが以前の記事の追記のような形で書いてみました。


それともうひとつ。
以前の記事でコメントをして下さった方が、「The Way you Make Me Feelイントロの♪トゥル~は何かの曲なのですか?」と質問して下さったのに、わたしは「ただのアレンジだと思います」と、なんとも適当なお答えをしているのですね。
前回の記事に書いた Street Walkerのイントロコーラスを確かにアレンジしなおしてますが、実際はこの曲のものでした。
1988年GRAMMYでの「The Way you Make Me Feel」パフォーマンスで、カーテンの後ろでマイケルがシルエットダンスを踊るときに流れたのが、最初の演出ではないかと思うのですが、違うかなw(自信ない)
これはブカレストで確認できますが、DANGEROUS Tuor では、「Smooth Criminal」の最初に、このカーテンの演出&コーラスが使われていましたね。
DANGEROUS TuorとHIStory Tuorの間の96年7月、ブルネイ国王のお誕生日をお祝いする特別なコンサートでは、また「The Way you Make Me Feel」の演出に使われました。
HIStory tuorにいたっては、変則的な状況で、んもうわかりませんw
確実なのは2001年のマジソンスクエアガーデンでの30thライブの「The Way you Make Me Feel」で、復活しましたよね。
ライブ演出はひとつのTuor中は変更しないらしいのですが、予定していた曲の変更やカットなど不測の事態もありますので、リハーサルはいろいろとしていたのでしょうね。

コメントを下さったSUMOMOさん。あの時は適当なお返事してごめんなさい。
これを読んでくださるといいけれど・・。

TII MJ 1


しかし、こんなことを書いていると、つくづく一度は観てみたかったなぁ・・と。
小さすぎてなんだかわからなくても、その場で感じる音と彼の歌と空気。

感じてみたかったなぁ・・

何を言ってもこればかりはどうしようもない。

昔わたしがほそぼそと彼を慕っていた頃
ミュージックライフなどの雑誌が唯一の情報源でした。

ファンクラブに入るのも躊躇してしまったから
チケットが取れなかったし
もっともっと本気だったら東京だろうと福岡だろうと行ったのかも知れませんけれど



ふふ。バカだったからね。


行けなかったんですよねー・・





9ヶ月。

ネットのおかげで当時とは比べ物にならないほどの情報がすぐに手に入ります。
ご存知の方も多いですけれど、彼のために行動を起こしているファンが世界中にいます。
もちろん日本にも。
わたしも微力ながら、自分の心が「これは彼のために必要なことだ」と判断したことは行っています。


ですけれど
それはそれで・・なんですけれど


9ヶ月も。なのか
9ヶ月しか。なのかわかりませんけれど

ひとつだけ確かなことは

わたしは実はいまだ


彼がどこかで生きているのを祈っていたりしています

たとえもう目の前に現われてくれなくても


どうぞ笑ってくださいね

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

にゃは♪

ここにくいついた私です~。
なんかいいな~にゃは♪
Myブームになりそうな予感・・・^^
・・・彼がどこかで生きている・・・
笑うもんですか!!同じ気持ちです!!

フィリピンの受刑者達とのパフォーマンス!
私も見た時は感動して最後のピースマークでは拍手してしまいました。
ハリウッドのハートも良いですね~初めて見ました。踊っている人は素人の人もいるのでしょうか・・・そこがまたいい感じですよね。

TII・・・Mind Is The Magic もしかりakimさんの解説付きで見てみたいわ~。
シリアスあり、笑いあり、もちろん涙ありで映画のトラウマが消えそうな気がします。

いつも内容の濃い記事を

ありがとうございます。とっても深いわ、akimさんち・・・・
しかも公正に公正に配慮されて文章を起こしていらっしゃって信頼できますわ。お人柄も。。。別館でakimさんのおもろい場面も見られるわけですがv-10
最近コメしてませんけど、毎晩携帯からakimさんちチェックさせてもらってます。
英語が不自由で情報弱者のあたくし、akimさんにおんぶにだっこで今後ともよろしゅう。
本当に不思議な感じですよね
特に異国の人だから、生きていてもおかしくないもん!とか思っちゃいます。
しらないこと一杯あるので、これからも色々教えて下さいませ

こちらには初コメですー。
Flash Mob。先日、泣きながら見ました。
あー。こんなにも彼のこと愛してくれてる人たちが
いるんだなぁーって。
フィリピンの受刑者のパフォーマンスも迫力ですよね。

うんうん。以前は、今ほど情報が手に入らないことも
ありましたねぇ。音楽雑誌とか買ってました。
私は幸運にも、3度生マイケルを観に行ったことがあるのですが、
もっともっと行けばよかったなぁと思います。

彼が亡くなった時には、米国まで世界中からファンが
沢山駆けつけてましたよね。
彼がすべて!と、あんな風に熱狂的にはなれないけれど、
ずーーーーーっと彼の存在を信じ続けていたいです^^
(月から地球を見守っているというウワサが。。。笑)

kaoriさん

にゃは♪

もうね。ただ元気でね。一生お買い物してるだけでもいいやなんて
思ったりしますよw
Flash mobのあれ、ハートかぁ。わ。気がつかなかったw
kaoriさん、すごい!勉強になりましたw
踊ってるのはほとんど素人さんじゃないですかね?おっちゃんもいたしね。
どこで秘密裏の特訓をしたんだろうか?
TIIも大勢で見ればまた違って見えるのかもしれませんね。
突っ込んだりもできるから、ねw

TAさん

いやいや。お恥ずかしいですw
本来は本館が自分です。でも彼の事を書くときはなんていうか
MJスピリットを大事にしたいと思ってw
でもいつも携帯からご覧いただいてるんですかぁ
やっぱ若いなぁw 携帯の文字小さいからやなんですよね。
ばばぁでごめんあそばせw
でも嬉しいです。ありがとうございます!

bijouxさん

わお!ブログにまで来ていただいて恐縮ですw
ありがとうございます!

ええ?3回もー?羨ましすぎる!!
いいなぁいいなぁ・・本当にいいなぁw
あの頃は音楽雑誌ぐらいでしたよね。今から考えたら
どこまでウソかほんとかっていう情報も沢山あったなぁ。
今のガールは恵まれていると思いますよ、ほんとw
でもあたし、もしなんだかんだでずっとファンですって顔してたとしても
SONYのデモの時もNYへ実際行ったり
裁判の時サンタバーバラへは絶対行けなかったと思います。
そういう意味で実際行って彼を応援したファンの人には、絶対
頭が上がらない気がしますね。
こんなふうにあーでもないこーでもないなんて思いながら生きている
ファンをくすくす笑いながら月から見守ってるんですかね・・
わたしたちのマイケルは。

かっこいい!

これがMind Is The Magic!
カッコイイですね…!そして、本当に Who Is Itに似ている!

デモなどを聴くときによく思うのだけど、どのアレンジが最良かということって本人にはハッキリと分かるものなのかな? ギリギリまで迷って、甲乙付けがたくて、いっそ両方聴かせたい!みたいな気持ちにならないのかな?なんて^^(素人考えですが)
もしかしたらこの曲は本当にWhoIsItの兄弟曲かもしれないな、って勝手に思いました^^

9ヶ月の数え方。分からないですね。。
そもそもは受け入れたところから始まったけれど、戻ったり掘り返したり抜け出そうとして受け入れ直してみたり、でもまた否定したりで、時間の感覚がないです。でも、一年は怖いですね^^(ここを失ってしまうのも…)

Lino(P)さん

そうでしょ?かっこいいんだよね!
シッフィンローィがしつこいところも好きなんですよ、あたしw
しかもWho is it に似てるでしょ?
生かしたいコードってやっぱあるんじゃないですかねぇ。
アレンジに関して甲乙つけがたい場合どっちも聴かせたいって
絶対あると思います。
PYTなんて絶対そうじゃない?どっちもいいもんねぇ。

6.25がくるのが怖いよね。
本当に行きつ戻りつして何人の自分ができたことかw

にゃは♪

どころじゃないじゃないですか~
別館akimさんのサブタイトル・・・
いつの間にか「6月25日(US時間)までの・・・」になっていたのは気付いていたのですが、恐くて聞くことも出来ず、見なかったことに・・・

やっぱりなくなっちゃうのですか・・・
心のより所がなくなってしまうじゃないですか・・・(悲)
うぅ・・・どうかお考え直しを・・・

このCDアマゾンでポチしたのですが、アーティスト、マイケルとSiegfried and Royの2種類あって、迷いにまよってマイケルの方にしました。
どんな違いがあるのかわかってません~(^^ゞ

マイケルお得意のマジックって、どんなのだったんでしょうね!
みてみたいです~
たとえそれが、親指が切り離される…というものであっても!(わかります?(^^ゞ)

マイケルいまごろどうしているんだろう…
私は、かくれんぼの途中なんじゃないかと思う時があります。
体育座りで、クスクス笑いながら皆に見つかるまい、とジッとかくれている…
なんて。

わーakimさん、あんまり泣かせないで下さい・・・w
ほんとに、もうヨボヨボ白髪のおじいちゃんにまるまで生きていてほしかったですよね。「わしゃ昔はMoonwalkしてたんじゃぞ」 「えー?おじいちゃんが? うそー!?」・・・なんて、孫・ひ孫たちに言われちゃうくらういまで。
それで夜は暖炉の前でロッキングチェアーに座って、アカペラでHuman Natureなんか歌っちゃうんです。。。

このFlash Mobもそうですけど、HMVか何かのイベントでも、後方で踊っている素人らしき方々がいますよね。羨ましい~。みんなマイケルのこと好きなのね・・・と思うと、嬉しくなってしまいます。私もちょっと練習してみようかしらw

ところで、こちらのサイトはなくなってしまうのですか・・・?
そ、そんな・・・(涙)

kaoriさん

にゃは♪・・じゃないですかそうですかw
自分の中ではある意味区切りと思っているので・・。
ただ、自分が6.25を迎えたときに、どう気持ちが変化しているのかは
今はわかりませんね・・
案外続けるかもわかりませんし、やっぱり止めるかもしれませんし。
そのときを待つって感じですかね・・
ふふ。あたし結構いい加減なんですよww
でもそんな風に言ってくださって嬉しいです。ありがとう。

ぶどうさん

親指切り離されるマジック?
なんかの動画であったヤツですかね?
全然わかってないですよーw

体育座りでどこかにかくれんぼw
彼はかくれんぼ好きでしたね。日本でのツアー中もキッズ達を
ホテルの部屋に呼んでかくれんぼしてたんですって。
もう出てきてもいいのにね。
もしも出てきてくれたらわたしは世界中が彼を非難しても
絶対に彼を守りますよ。ぶどうさんもでしょ?

Milminさん

そうそう!ロッキングチェアに座って!!
あたしもそういうイメージしてました!
で、ソウルトレインの時みたく、(骨折したから座って1曲歌ったでしょ?)
ロッキングチェアに座って「Remember the time」を歌うの。
上半身だけ踊るのw
「あ、僕それ昔のビデオで見たよ、おじいちゃん!」ってひ孫がいうんだ~
っていう・・ねw Humen Natureでもいいですね。
なんでもいいや、もうw
そういう幸せな時を過ごしてからでもいいんですよ・・

このサイトは彼のメモリアルからスタートしましたから
一応の区切りのつもりでそう決めてます。
でもわかりませんけどねw わたしいい加減ですからw
sidetitleプロフィールsidetitle

gonpee2008

Author:gonpee2008
名前はakim
家族は主人と猫のゴン&ピー
いたってノーマル・・だけどMJバカw

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。