スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケルのYOU

昨日は高校時代に所属していた演劇部の同窓会でした。
長年仕事が忙しくて参加できなくて、もうおっそろしいほど会っていないメンバーばかりで。

でも今回は這ってでも行こうと決めていましたw

久しぶりなんだけど、会った瞬間時間が逆回転し、みんな一気にGirlに戻ってとても楽しい時間を過ごす事ができました。

わたしは髪の毛がどうもうまくきまらなかったので、仕方なくフェドラ帽をかぶることにして、そうなるとどうしてもコーデがビリジンぽくなってきて、ま、いっかと出かけたのですが、予想通り全員(8人)が異常なほどに反応して喰いつきまくってくれて、ほぼ全員が「今日のakimってマイケル・ジャクソンみたいじゃんw」と。w
彼女たちは冗談のつもりだったんだろうけれど、こちらとしてはそれ以上の褒め言葉はないもんだから、ド超がつくほどうれしかったわけでw

彼女たちとクラブ活動をいそしんだ3年間、わたしがマイケルのファンだと知っている子はたったひとりだけいたのですが、彼女は長年会っていなくてもわかってくれていて「マイケル残念だったね。帽子よく似合っているよ」と言ってくれました。

わたしは普通に「あっそう?サンキュー」と言おうと思ったのですがその瞬間涙がぶわっと(´;ω;`)


他のみんなは「げげ!」という感じで一気にドン引きしつつも、意外なことにみんなすぐに状況を察して、「えー?あんたマイケルのファンだったの!?」とか言う子はなぜかいなくて、口々に「TII観たよ」とか「優しい人だったよね」とか「偉大な人だったよね」とか言ってくれて、内心驚いたのはこっちのほうだと思いつつ、とてもとてもうれしくて、何故か「ありがとうありがとう」とぺこぺこみんなにお辞儀してw

そのうちの一人が悪気全くない感じで「でもさぁ、マイケルってさぁ、白人になりたかったんでしょう?」と聞いてきました。

今まで何度同じ事を聞かれたことか、ですが、「あのさ。もう何を信じていもいいから、彼が白人になりたかったっていうのと、2005年の裁判のふたつだけは、絶対に違うし冤罪だからね。」と言うと、別のメンバーが「病気なんだよね、世界仰天ニュースでやってた」とかw、また別の子が「あたしもテレビで見た。色素が抜けちゃう病気で、仕方なく白いメイクしてたって」とか、さらに「あの裁判も変なお金目当ての家族のでっち上げってテレビで見たよ」「うん、あたしもそれ観た~本当災難だったよね、マイケル」とか、口々にみんな話してくれて。


そんなみんなにさらに涙腺崩壊したわたしは、一人一人と握手し、Hugをしながら「そうそう、ありがとう、そう、そうなの、わかってくれてうれしいよ、ありがとうね、ありがとうね」と言いながら、ひとりババ泣きして、おそらく8人中2,3人は絶対内心では「ひょ~え~ ( ̄□ ̄;)」と引いていたと思いますが、みんな優しかった(泣)

過去にはいろいろあった日テレ系列ですが、あの日以降、特にTII以降、何回かマイケルに関する番組が放送され、彼の誤解を解くような内容のものもあって、そういう意味では観ている人は観ていて、少なくとも間違った情報(白斑と冤罪)を修正する事に一役買っているには違いないようで。

でも2005年当時は、同じように「マイケルって変わってるよね、テレビでやってた」「お騒がせセレブだよね、マイケルって」とか「捕まったんでしょ?マイケル最低、ニュースに出てたよ」とか、そういう言葉も沢山聞きました。

今日と同じように「テレビで言ってたよ」「ニュースで見たよ」「雑誌に出てたよ」と。



MJJ-HISTORY-ERA-michael-jackson-20405584-1200-830.jpg
卑劣な報道を止めろ



I love you and miss you all.
let's destroy all tabloids.
I hate them.
But I love you forever.
Love, M.Jackson

僕は君たちを愛しているし、君たちが恋しいよ
全てのタブロイドを焼却しよう
僕はあんなの嫌いなんだ
でも君たちの事は永遠に愛しているよ
愛を込めて M.Jackson


e5dd1d81bd03bb9c504bd581103f7f19sspd5550iloveyou.jpg



Make sure all fans read this.
Let's have tabloid burning.
I must sleep now.
I love you. M.J

ファンのみんなは絶対これを読んで
タブロイドは燃やしてしまおう
もう寝なければ
愛してるよ MJ

image1295539742285138-363c9.jpg
ホテル備え付けのリネンにメッセージを書きバルコニーからファンへ


I love all of you so so much.
I'm very lonely without you,
you are my life always
Please love me always.
"Burn" all tabloids.
Love, Michael Jackson

君たちをとてもとても愛しているよ
僕は君たちなしではとても孤独なんだ
君たちはいつも僕の活力なんだ
どうか僕をいつも愛してください
すべてのタブロイドを燃やすんだ
愛を込めて Michael Jackson

image1295539677457809.jpg



Michael+Jackson+Michael+I+love+you.jpg



Don't believe all the strange stories that people make up about me.
Sometimes I cry, But it's fans like you that make me go on.
I love you.

人が作り上げた僕に関するすべての変な話を信じないでください
時々僕は泣いてしまう、けれども皆さんのようなファンが僕を前へ進ませてくれるのです
皆さんを愛しています


e5dd1d81bd03bb9c504bd581103f7f19sspd5550.jpg



I MUST SLEEP NOW,
I TRULY LOVE YOU ALL FOREVER I PROM-SE,(正しくはpromise)
LOVE MICHAEL JACKSON

僕はもう眠らなければならない
君たちみんなを本当に愛しているって約束するよ
愛を込めて MICHAEL JACKSON

351023887Handwritten Dorchester Hotel linen



163215_118156714919066_100001742148166_126087_797715_n.jpg



当時のわたしはマイケルから離れていましたし、ファンだと公言もしていませんでしたから、そのような言葉を聞くたびに悔しいけれど消極的な反論しか出来ず、例えば「そんな人じゃないと思うけど」とか「メディアが騒ぎすぎなんじゃないかなぁ」とか。

正直に言えば、「絶対に何かの間違い!そんなこと絶対にありえない!」と思っていても、それを強く主張できるほどわたしはマイケルのことを実は知らなかった。
堂々とファンを名乗っていた時期ですら、彼の歌が好きで彼自身に魅力を感じて、要は彼に好感を抱いていただけだったなぁと。
プリンスのファンの友人と「どちらがすごくてステキか」バトルを繰り広げていて、「ムーンウォーク」に書かれていることを言うと「だからマイケルは優等生ぶりっこなんだよ」と言われ、実は自分もそう思っていたからそこから反論できず、最後はお決まりのように「プリンスはスリラーみたいな地球規模で売れてるアルバムなんかないやん」で打ち負かすしかなく。
ネバーランドを作ったマイケルの本当の気持ちなど何にも知らず「ホントにピーターパンのつもりなんだなぁ」とずれた感想を抱き、すごく好きだけどその桁外れな行動に、庶民の自分との距離を再確認したりして、「やっぱり遠い人だ」などと心のどこかで思っていたわけで。

ファンだと公言していた時ですらそんな感じだったので、マイケルが恐ろしく偏った偏向報道にさらされている時に、自信を持って強い気持ちで彼を弁護する事などできるはずもなく。


もしも今の自分であの頃に帰れるなら





彼の元へ戻って以降、わたしはもっときちんとマイケルを知りたくて、理解したくて、それは曲についてもですし、その背景も彼の考えも、彼が伝えたかった事を、昔のようにずれてとることがないように。
彼の事をひとつひとつ、ゆっくりとパズルのピースをつなげるように自分の中で理解するにつれ、彼の言葉や考えから得るものはとてつもなく多く、大げさですがそれは自分の生きる姿勢や考えにも多大な影響を及ぼし、さらには彼のファンであることに恥じない自分を意識しだし。

こんなわたしのような人はきっと多いと、このブログを続けていて確信しているのですが(笑)


昨日一番嬉しかった事。

それは、もう10年以上会っていなかったクラブのメンバーと久しぶりに会い、昔話に花が咲き、笑って食べてよく飲んで、最高に楽しい時間を過ごしたわけですが、最後のほうでみんなが、「あんたが泣くほど好きなマイケルをもっと知りたくなったw」「うん、映画を見てマイケルがステキな人だっていうのはわかったけど、akimがそこまで好きなら相当ステキなんだって思った」と言ってくれたことでした。

ようやくわたしは彼のファンだと胸を張っていえる自分になれたような気がして、同時に彼のファンだと言ってもいいよと神様から認めてもらえたような気がして


それはマイケルがいつもファンに向けて言ってくれる「I love you」のYouの仲間入りができたような気がして
彼の「I love you」の向かう先に自分がいてもいいのだと思えて


とてもとても嬉しかったのでした。


jacksonLL_1603_468x678.jpg



I truly love all of you.
I am recording tonight, for all of you.
You are my true inspiration forever.
I am living for you, and the children.
Be alive, be free, feel contiousness subcontious, being God.
I love you. M.Jackson and Family.

僕は君たちみんなを心から愛している
今夜はレコーディングしているんだ、皆さんのためにね
皆さんは永遠に僕に本物の創造の閃きを与えてくれる存在だ
僕は君たちと子供たちのために生きている
活き活きと、自由に、潜在意識の中で神と一体化するような感覚を感じることを、意識してみて
君たちを愛してるよ M.Jacksonとその家族より

mjletter2.jpg
2008年11月10日LAベルエアーホテルでファンに渡されたメッセージ


You make me sooo happy.
can feel your Energy Through the Walls.
The sky is the limit
Higher consciousness always.
Working Hard, as always,
Music, film, performance
I love you

君たちは僕をとってもとっても幸せにしてくれる
外壁を通して君たちのエネルギーを感じられるよ
可能性は無限だ
いつも、より高い次元の意識を持ち
いつも通り、創作に励むこと
音楽、映画、パフォーマンス
I love you

mjletter1.jpg
2008年11月11日同じくベルエアーホテルからのメッセージ





マイケル


昔はうわっつらのファンだったかもしれないけれど

今は本当に強い気持ちで自信を持って胸を張って
あなたのファンだと
あなたが好きだと
いえる自分にようやくなれたよ

人は遅いと言うかもしれないけれど

決して遅くなんかないよね



これからも

あなたがどれほどステキで優しくて尊くて美しい人であるかを

michael579_0.jpg


わたしが話した時に素直に聞いてもらえるように
まっすぐに伝わるように
わたしというフィルターがあなたを汚したりしないように

本当にステキで優しくて尊くて美しいあなたに恥じないように
自分を信じて歩いていくね



だからわたしを

あなたがあなたの大好きで大切にしているファンに向けて言う

I love youの

Youのひとりでいさせてね



これから先もずっと



いつまでも


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

素敵なお友達と素敵な時間。ほんとにほんとによかったですね。
マイケルも喜んでくれてますね、きっと!

I\\\'m sooooooooo proud of you?
そして…
なんてステキなお友達(((o(*゚▽゚*)o)))

らぶうさん

ありがとうございます!(〃'∇'〃)ゝエヘヘ

んっと、マイケルが喜んでくれるかどうかは別としてw
でも少しずつ彼のきちんとした本当の姿が理解されていくのは、とてもとても嬉しいことです。
うん・・やっぱり喜んでくれていると思うことにしますw

melissaさん

Hi, My sis! Thanks a lot! :)
Of course, I'm proud of you too! Love you always!
いつもありがとう!(*^・^)/チュッ♪
sidetitleプロフィールsidetitle

gonpee2008

Author:gonpee2008
名前はakim
家族は主人と猫のゴン&ピー
いたってノーマル・・だけどMJバカw

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。