スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MJ と PEPSI (2)

断然PEPSI 派のわたしも、実はそれまでは「Yes ,Coke,Yes 」でありました。
なぜならそれは、天下の矢沢永吉様が「♪イエ~スコ~クイエ~ス」とおっしゃっておられたからです。
coke.jpg
ファンではないものの、当時わたしの周りの男子の神さまといえば永ちゃん。
永ちゃんがコカ・コーラをイエスって言うてんねんからコカ・コーラ飲むしかないやろ!まさかおまえ飲まへん気ぃか!?って雰囲気で、あ、いやいや、はいはい、もちろんあたしも・・みたいな。

永ちゃんは今でも渋くてCOOL!
長生きして欲しい・・(すぐそっち方面の心配をしてしまう今日この頃)


さて、MJにひどい火傷を負わせる結果となってしまったことで、MJとPEPSIの関係は終わるかに見えました。
しかし、MJは自身がうち立てた「スリラー」の世界記録を越える作品を作られねばならず、しかもそれまでジャクソンズの一員としてのツアー経験はあっても、ソロツアーは未経験、世界中が待ちわびているMJの新しいアルバムを引っさげてのソロ・ワールドツアーは絶対に成功させなければなりませんでした。
そのためのサポートができる企業として、彼はPEPSIとの契約更新を承諾します。
しかし、今回はジャクソンズとの契約ではなく、MJ個人です。
MJはPEPSI 側に「次は世界中を燃え上がらせよう」と言い、ただのCM契約ではなく、ワールドツアーのスポンサーとしての統括的な契約の提案をしたといわれています。
この言葉は、世界中にMJ&PEPSI旋風を巻き起こそうという意味と、前回MJが燃え上がった事故にひっかけた意味がうかがえ、PEPSI側にすれば当然選択の余地はなかったでしょう。
1986年、MJとPEPSIは正式に契約更新し、来たるべきソロ・ワールドツアーの宣伝・公演の全てをPEPSIが受け持つ事になります。

MJの初めてのソロツアー「BAD World Tour」は1987年9月にスタートします。
当時日本ペプシコーラの副社長であった秋元征紘氏によると、約1ヶ月にも及ぶ14回の日本公演のスタートと同時に、前回お話した「コーラ戦争に勝った!」著者のPEPSI社長、ロジャー・エンリコ氏のまさにこの本を、日本でも発売するプロジェクトが進んでいたそうで、戦略としてやはりツアー開始に合わせるようにMJのPEPSI のCM(前回冒頭のCM)をいっせいに流すようにしたそうです。
しかも、コンサート会場の一つであった横浜スタジアムの巨大な特設ステージバックにあった「コカ・コーラ」のスコアボードのネオンサイン全面を、黒幕で完全に覆わせることもやってのけ、ここでもいわゆるコカコーラとの「コーラ戦争」は繰り広げられていたのです。
このツアーの結果、「コーラ戦争に勝った!」(日本語)は30万部近くを売上げ、日本でのPEPSI知名度もMJ人気と共に急激に上がり、日本ペプシ・コーラの売上は、前年費40%増という記録的売上を達成したそうです。

BAD Tourは世界15ヶ国で123公演、440万人の観客動員を記録し大成功をおさめました。
と、同時にPEPSI も世界的なシェア争いに勝ったといえます。
MJとPEPSI の目的は一致し、この両者の契約はその後7年間絶えることなく継続される事になります。

BAD Tour 中に放送された4つのストーリー仕立ての、SF(マイコーのPV)のようなCMです。
ストーリー的には「んなあほな」シーン満載ですが、んもうひたすら、マイコーかっこいいわけです。
最後にマイコーはスキージャンパーにもなっちゃいますが、すでにキャプテンEOなんかやってますから、もう何したっていいや。好きにやっちゃってーって感じです(笑)



その後、DANGEROUS Tourも主催したPEPSI のCM。
これはメイキングのあとに本CMが出てきますが、CMだけ観てると中に出てくるねえちゃんは、いったい何のためにいるのやらと思いますが、メイキングを最初に見れば、ああ、こんな風に絡んでいたのかと思え、ねえちゃんの面目はつぶれずに済みます。
しかし、幻想的過ぎて、なんだかよくわかんないなーって感じで、これもひたすらステキなマイコーのNewアルバム、DANGEROUSをよろしくね♪ってCMです(笑)




わたしが一番好きで、またまた観るたびに目頭がアツくなるCMがこれ。
最初がオリジナル、次がCM、最後はショートバージョンのCMです。
ピアノを弾き語るマイコーの前に現れる小さな頃のマイコー。
二人が「I'll Be There」をデュエットするところが最高!
ここで必ずわたしは、泣くようぐいす平安京です。



I'll be there, I'll be there,
Just call my name, I'll be there...
ぼくはいるよ そばにいる
ぼくの名前を呼んで そばにいるんだ すぐそこに



泣く!どーしても泣く!!


しかし!
この美しいCMまでもが、わけわかんない噂のネタになっていたとは・・。
もうここまでくると本当にUSのメディアは、マイコーになら何を言ってもいいと思っていたとしか思えませんね。
過去記事でも書いた93年の「オプラ・ウィンフリーショウ」でのMJインタビューで、オプラが
「最近のPEPSI CMで出てくる小さな男の子のことだけど、実はあなたが白人の子供を起用したいって言ってたというのは本当なの?」と質問します。(はぁぁぁぁ?!?)
MJはキッパリと答えます。

「まったく馬鹿げてる。今まで聞いた中で一番馬鹿げたおぞましい話だ!
クレージーとしかいいようがないね。
どうして、だいたいあのCMで映っている子供の顔は僕自身の小さな頃なんだよ。
どういう訳で僕が白人の子供に僕を演じさせたいとおっしゃるんです?
ぼくは黒人(ブラックアメリカン)だ!
僕は黒人であるということに誇りを持っている 。
自分の人種について誇りを持っているんだよ。
僕は僕自身が何者であるかについて誇りを持っているんだ。
僕は強くプライドと尊厳を持っているんだ!」



話は一瞬PEPSI からそれたかにみえますが、大丈夫。つながっています。

このオプラのインタビューが放送されたのは1993年2月。
バカバカしい噂はありましたが、この時期このPEPSI の美しいCMはばんばん流れていました。

しかし、93年の夏。
さまざまな諸悪の根源ともいえる、あのゆすり目的のでっちあげであるチャンドラー訴訟が起こります。
始めの頃はDANGEROUS Tour中でもあったことで、PEPSI は静観の構えでした。
しかし結局DANGEROUS Tourは11月メキシコで中断・終了を余儀なくされます。

そして・・。

PEPSI はMJとの翌年の契約更新をすることはありませんでした。
企業としてはやむを得ない選択だったのでしょうが・・。


そして2009年。
あれから15年の月日がたっていました。
PEPSIは、自社のHPにあるメッセージを載せました。
そこにはこう書かれていました。

s-pepsi.jpg

きみはいつだってぼくらのキングオブポップだよ
ありがとう マイケル


何年月日が経とうとも、PEPSI は忘れなかった。
MJが自分たちのコーラ戦争大勝利の大きな立役者だったという事を。
これはPEPSI のMJへの感謝のメッセージだとわたしは思っています。

ただ、もしも出来ることなら彼が生きている間に・・。
再度両者が手を携える事ができていたなら・・と、いまさらですがふとそんなことを思います。


・・・


てことで、これからもわたしはコーラはPEPSI!
美味しいとこがイイ!
ね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

全部初めて見るCMだったわ。ありがとう載せてくれて。
1番勢いがあった若い頃のMJ・・・目がキラキラしてて素敵。
Dream編は不思議の国のアリスがテーマなのかしらん?

You will always be the king of pop
は本当にそうだと思うよ。
プレスリー、ビートルズ、そしてMJって歴史に残るでしょ。Yeah!!!

sugerちゃん

喜んでいただけてよかったわ。
むふふ。実はまだとっておきの動画があんのよ。
残念ながら次の更新では使わないけどその次ぐらいにね♪
楽しみに待っててねん。
Dream編のテーマね・・わかんないわぶっちゃけ(笑)
でもわたしたちのマイコーはやっぱりalwaysステキよね!Yeah!!
sidetitleプロフィールsidetitle

gonpee2008

Author:gonpee2008
名前はakim
家族は主人と猫のゴン&ピー
いたってノーマル・・だけどMJバカw

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。